IT戦記

プログラミング、起業などについて書いているプログラマーのブログです😚

大阪で関西アンカンファレンスが開かれるようです!

関西アンカンファレンス!


12 月または 1 月に大阪でアンカンファレンス形式のイベントが開催されるようです!
関西に住んでいる人は要チェックです!

Re: 北陸アンカンファレンス開催報告・振り返り

秋元さんが北陸アンカンファレンスのまとめを書いています。

北陸アンカンファレンス開催報告・振り返り | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ
反省点などは、よく考えてるなーという感じですね。
あ、あと、そういえば、みんなで集合写真とかを撮り忘れましたね><

北陸アンカンファレンス 2009 を終えて

はじめに

前から、このブログでも紹介していた通り 11/1 に石川高専で北陸アンカンファレンス2009 (#HokuUn) : ATNDを開催いたしました。
とういうわけで、今回初めてアンカンファレンスをやってみて、良かったこと、やっておけば良かったことをまとめておこうと思います。
これから、アンカンファレンス形式のイベントを主催する方の参考になればと思います。

良かったこと

  • みんな発表してくれた
  • 事前ノープランなので、いい意味で期待を裏切るセッションが多数あった
  • 後半にいくほど会場が暖まった
    • 最後のほうになるとみんないい感じにテンションがあがって「私も話してみようかな」となる人も多かった
  • セッションの途中で抜けてもいいというルールを作っておいたこと
    • どのセッションも捨てがたいときに、セッションをちょっとずつつまみ食いできて良かった

やっておけば良かったこと

  • 自主的に休憩をとる人が少なかった
    • 明示的に「休憩室」「談話室」的な部屋を用意しておけば良かった
  • 実際にはセッションの時間は 12 分程度
    • 15 分のセッションがインターバルなしで続くので、「実際のプレゼン時間は 12 分くらいになりますよ」と事前に告知しておけば良かった。
  • プレゼン形式のセッションが多く、ディスカッション形式のものが少なかった(無かった?)
    • ディスカッション専用の部屋があっても良かったかもなー

最後に

まあ、いろいろありましたが、結果的には大成功だったんじゃないかなあと思います。
会場やランチの提供をしてくださった石川高専様、そして、このアンカンファレンスを一緒に盛り上げてくださった参加者様のお陰だと思います!
皆様、本当にありがとうございました!
そして、ここを見てアンカンファレンスに興味を持った皆様は、今度は是非アンカンファレンスを開いてみてください!
本当に楽しいですよ!

北陸アンカンファレンスまであと 3 日です!

さあ、いよいよ 3 日前になりました!
北陸アンカンファレンス2009 (#HokuUn) : ATND

まだまだ

参加者は募集しておりますのでどんどんご参加くださいー。
最後に登録した参加者には、なんと! id:AKIMOTO さんから私物のプレゼントがあるそうですよ!!
これはすごい!
北陸アンカンファレンス2009 (#HokuUn) : ATND (←さあさあ akky ファンはクリックだ!)

既に参加を表明している人も

忘れずにきてくださいねー^^

アンカンファレンスって何?

って人はこちらもどうぞー
IT アンカンファレンスをやってみたい! - IT戦記

IT アンカンファレンスをやってみたい!

アンカンファレンスをやろう!

みなさんは、アンカンファレンスというイベントのスタイルをご存知でしょうか。
先月、 id:AKIMOTO と「北陸で IT 系のイベントをやりたいね。」という話になり、「それなら、アンカンファレンスがいいよ」という話になりました。
アンカンファレンス?アンカンファレンスってなんでしょうか。
僕も知らなかったのですが、調べてみたところ、とっても面白そうでした。
なので、是非北陸で「IT 系でアンカンファレンス的なイベント」をやってみようということになったのです。

↑突然、語りだす id:AKIMOTO のイメージ写真

じゃあ、アンカンファレンスって実際どんな感じのイベントになるの?

では、シミュレーションもかねてイベントにいったつもりで書いてみます。
実際にイベントに行ったつもりで読んでくださいね><
レッツ、シミュレーション!!

会場に到着

まず、会場に到着すると、廊下に白紙の時間割が廊下に貼り出されています。

おおお。でも、よーく見るとこの時間割白紙なんです。
これが、アンカンファレンスの特徴の一つ「事前ノープラン」、事前に誰がどんな話をするかは全く決まっていないのです。

自分がやりたいことを書いて貼る

では、どのようにイベントは進行するのでしょうか。
実は、時間割の前にはポストイットがおいてあります。

↑さりげなく置かれたポストイット
このポストイットに自分がその時間にやりたいことを書いて貼ります。

↑気軽に書いてしまいましょう

↑空いている時間を探してペタペタ
そうして、徐々にその日の予定が決まって行きます。
空いている枠があれば自分の貼ったポストイットを移動させたりすることも可能です。
最初から全部の枠が埋まる必要はありません、だいたい次や次の時間のセッションが決まっていれば OK です。

枠内では時間が足りなくてやりたいことができない人は 2 枠繋げてセッションを行っちゃっても OK です。

聞いているうちに話したくなっちゃった><
他のセッションを聞いて「僕も話したい!」と思うことってありますよね。
このポストイットは終日追加して貼ることができますので、そう思ったら空いている枠を探してポストイットをどんどんペタりましょう!

セッションスペースは複数平行

アンカンファレンスでは、セッションスペースが複数あることが多いようです。
聞く人は、セッションを時間割に貼られたポストイットを見て、どのセッションを見に行くかを決めます。
二つ以上のスペースで平行してセッションを行うことで、

  • 自分の趣向にあったセッションを選ぶことが出来る!
  • 多くの人が発表が出来る!
  • あと、とんでもなくニッチなテーマでも、他のセッションがあるので許される!(話したいこと話せる!)

などのメリットがあります。

開催時間は昼から夕方まで

なるべく多くの人に参加してもらって、たくさんのセッションができるように、開催時間は長めに設定します。
たとえば、北陸アンカンファレンスでは 11:00 〜 16:00 までくらいを予定しています!
なので、途中から参加できる人も大歓迎です!

全員で一緒にお昼ご飯

これは個人的な意見なのですが、みんなで一緒にランチとか食べる時間とか作れたらいいですね!
たぶん、出前とかになるのだと思います。

実際にどのようなセッションがあるの?

何をやっていいか分からないかもしれないので、自分が思いついたものを書いてみます

  • 自己紹介形式
    • (例) 俺の野望を聞いてくれ!
    • (例) 僕の人生を振り返る
  • プレゼンテーション形式
    • (例) ○○について思うこと
    • (例) ○○を試してみた!
  • フリーディスカッション形式
    • (例) おまいら、最近の勉強会についてどう思う?
    • (例) 北陸の IT 産業が生き残るには
  • パネルディスカッション形式
    • (例) amachang と akky のブロガーってどうよ
  • 実演、一発芸系
  • 共同作業系
    • (例) みんなで○○やろうぜ

また、たとえば15分なら、

  • プレゼン5分+質疑10分
  • プレゼン半分+ディスカッション半分

とか、発表者の望みのままに時間を調節することも可能です!

アンカンファレンスの特徴

結局、アンカンファレンスの特徴は、

  • 運営側の準備が楽ちん!(他の人もやってみて!)
  • 話したいと思えば誰でも話せる!(自分の話したいこと話してみて!)
  • 福袋的なドキドキ感!(一緒にドキドキしよう!)
  • 手作り感、一体感!(仲良くなろう!)

というところだと思います!
特に、このイベントは「話したい」という参加者に支えられているイベントです。
みなさん参加したときには積極的にお話ししていきましょうね!

というわけで

11/1 (日) に北陸で、アンカンファレンスをやってみたいと思っています!
北陸アンカンファレンス2009 (#HokuUn) : ATND (←こちらのリンクから、参加することができます)
飛び石連休で北陸に帰省している人、地元の人、旅行に来ている人は、このイベントに参加して一緒に盛り上げてみませんか?

また、北陸アンカンファレンス 2009 ではランチ(サンドイッチ、ピザ等)をスポンサーしてくださる北陸の企業の方を求めています。
スポンサーしていただける企業の方がいらっしゃいましたら、 seijro@gmail.com まで連絡をお待ちしております!

まとめ

アンカファレンス!楽しみですね!
これを読んで興味を持った人はぜひぜひ一緒にアンカファレンスを盛り上げてみませんか?
ではでは

今年も恒例の 1981 忘年会が開催されるようですよ!

今年も 1981 忘年会が開催されるみたいですね!
1981年生忘年会#3 : ATND
幹事の皆様おつかれさまです><
今年は、なんかネタを持って参加しようと思います!*1
ざっくばらんな雰囲気なので初参加の人でも参加しやすいと思いますよ!
みなさんも、この機会に 1981 忘年会に参加してみてはいかがでしょうか!

*1:TENGA じゃないよ!

セキュリティ&プログラミングキャンプ 2009 を終えて

はじめに

セキュリティ&プログラミングキャンプ 2009 参加してくださった学生の皆様、講師やチューターの皆様、また、ご協力いただいた事務局の皆様、本当にお疲れさまでした!
そして、熱い思い出をありがとうございました!!
今年も、素晴らしいキャンプにすることができたなあと思っています。

今年も様々な出会いがありました

今年は、参加者同士が横に繋がれるように様々な工夫をしました。

  • ご飯を食べながらのコミュニケーション(多少無言になっても気まずくないし、話も弾み易い)
  • 皆が、名刺を持っているというルール(パッと参加者と会ったときとかに、話かけるきっかけを作り易かった)
  • 早い段階での交流(初日のうちに仲良くなっちゃったほうが、後からさらに友情を深め易い)

この結果、去年よりも広く参加者同士の繋がりが広がったのではないかなー。と思っています。
キャンプでも言ったのですが、キャンプで出来た仲間は

  • 同世代
  • 共通の話題がある
  • 技術的にマニアックな話でもガンガン言い合える
  • 社会人になっても、昔のまま本音で語り合える

そんな仲間だと思います。
社会人になってしまうと、なかなかこういった仲間は出来なかったりします。
参加者の皆さん、ぜひこの出会いを大切にしてください。

講義では

僕は、「OS 自作組」という組のお手伝い講師をさせていただいたのですが。
参加者の自主性がすごく高くて圧倒されてしまいました。
やっぱり、自分だけのものを作るというのが楽しいようですね!
参加者からは、いろいろな質問をされたのですが、そのなかでも、構造体やポインタをアセンブラに書き下して説明するという経験はなかなかおもしろかったです。

  • 何故そうなるのか
  • 何故そう書くのか
  • この予約語にはどういう意味があるのか

自分が普段当たり前だと思っていたこと、その一つ一つに疑問を持つ参加者に僕自身いろいろなことを学ばせていただきました
本当にありがとうございます。
やっぱり、若いっていいなー!ちくしょー!(嬉)

ディスカッションの時間には

id:hyoshiok さんと一緒に、参加者にむけて「みんな、勉強会にいこうぜ!」と激しくお勧めしてきました。
若いうちはちやほやされるから、若いうちに勉強会デビューしておいたほうがいいよ!
って言ったら、ややうけでした(笑)

特別講義

今年も id:naoya さん登場。忙しい中本当にありがとうございます。
心に残った台詞たち

Be practical! 常に実践的であって欲しい
「俺が作った」というのは、常に正しい
君たちが今学んでいることはプログラミングやセキュリティの技術だけではない
世界を変える力
世界を変える切符には有効期限がある
限られた時間を無自覚に過ごしてはいけない

今年も泣けました(つω;

まとめ

この世界には若者だけに与えられるチャンスというものがたくさんあります。
このセキュリティ&プログラミングキャンプもそのひとつです。
しかし、若い時間というのはあっという間に過ぎてしまいます。
そして、過ぎてしまってからでは遅いのです。
このキャンプに参加した皆様、これからも若者の特権を生かしつつさらなる成長していってください!
このキャンプにまだ参加したことのない若者の皆様、来年会えることを楽しみにしています!